可愛い女の子サーチライト

世の中で活躍する可愛い女の子の情報をまとめます

アメリカ人もときめく近藤麻理恵(こんまり)の片づけの魔法で女子力をあげよう

   

 

私は女性が好きだ。強い憧れがある。

それは単に女好きというわけではなく、狼が羊を食べたがるといったような意味でもない。

男性にはない柔らかい物腰や雰囲気や美しさを持っている存在への敬意を持っているのだ。

 

女に生まれたかったと思う。

こういうブログをやっているのも女性とは何なのか深く知りたいという欲求が無意識下にあるためなのだ、きっと。

ゆるふわな髪型に整え、かわいく着飾り、ナチュラルメイクに愛されボディでご飯を口に含みながら、「おいひ~!」とか「んーふー!」とか言うのは一体どんな気分なのだろう?

お店でふわっふわのオムライスを食べながら「ふわとろ~!」とか言うとどんな感情に浸れるのだろう?

女性が好きすぎて、もはや女になりたい。「ふわとろ~」とか言いたい人生だった。

 

毎日朝食にはヨーグルトにチョコクリスピーをかけて食べている。

これを続けていれば女子力が上がっていつか女性になれるかもしれない、そう信じているからだ。

「ある朝、グレゴール・ザムザが気がかりな夢から目覚めたとき、自分が一人の女性に変ってしまっているのに気づいた。」みたいな文章で始まる、「トランスフォーム」みたいなタイトルの不条理小説を出版してベストセラーにしたいという夢もある。

 

そういった私の願望が実現するのは来世になるのかもしれないが、少しでも今世での実現に近づくためにできることはないだろうか?

悩んだ末に私がたどり着いたのが、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片付けの魔法」を読んで女子力を上げることだった。

 

彼女が出演していたTV番組やCMを見て、ああ何と女子力が高いのだろう!と感動したものだ。

著書は日本でベストセラーになっているだけではなく、海外でも翻訳され、アメリカで彼女はタイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」に選ばれている。

今まで日本人で選ばれてきたのが首相や村上春樹などの著名な作家や芸術家であることを考えれば、片づけコンサルタントというニッチな職業についている彼女が選ばれたのはとてつもない快挙だ。

「時として誰も想像しないような人物が想像できない偉業を成し遂げる」という映画「イミテーション・ゲーム」のセリフを思い出す。

アメリカ人女性の50%はロッキー山脈に1年こもって修行すると言われているが、そんな柔らかさなど微塵も持ち合わせていない屈強な女たちがこんまりの魔法でときめいているのだ。

 

この本には私の求めている何かがある。

女子力を高める霊力がこめられているに違いない。

そんな期待を胸に、「人生がときめく片づけの魔法」を手に取った。

人生がときめく片づけの魔法のレビューやら感想やら簡単なまとめ

 

彼女は私の思い描いていたイメージとは少々異なっていた。

幼少期から「ESSE」や「オレンジページ」などの主婦向けの雑誌を読み漁っていたらしい。

そして中学生の頃から片付けの研究と実践を始めたようだ。

「片づけの変態」を自称している。女子力どころか変態だったのだ。

 

そんな彼女の片づけ法を簡単にまとめてみる。

1.モノ別に一か所に集め、短期間で完全に捨てる作業を終える。その際残すか捨てるかは触ってときめきを感じるかどうかで決める。

2.捨てる順番は衣類→書籍→書類→小物→思い出品。捨てる難易度の低いものから取り組むことで、ときめくかどうか自分の感覚を磨いていくことができる。

3.捨てずに残したモノの定位置をすべて決める。収納はモノ別にシンプルに。

 

今パラパラ読み返しながら書いたがやることは基本的にはこれだけだった。細かく書けば色々増えるが実際やる作業はまとめればこんなものだろう。

非常にシンプルでわかりやすい。実際やれば大量にゴミが出るわけで重労働なのだが。

 

彼女が大きく取り上げられる理由は”ときめき”という部分に集約されるだろう。

彼女のコンサルを受けたクライアントでその後再び部屋が汚くなるといういわゆるリバウンドを経験した人は0%で、それどころか人生が好転したりやりたいことが見つかったりするという幸運に見舞われるそうだ。

ときめくかどうかで捨てるか残すか判断するというのは、自分の好みを確かめ自分の感情による選択を信じるということだ。

そういう作業を繰り返すことで何が自分は好きなのかとかはっきりしていって、しかもモノが減って好きなものに囲まれて暮らしていけるから気分も高まって良い感じになるよって感じらしい。

過去にカタをつけて今の生活をときめかせる。

まぁ細かいことは本読んでや。

 

ミニマリストとか断捨離とかとの違い

スポンサーリンク

こんまりさんの特異性はモノの扱い方とかモノに話しかけるところですね。

自分がその日着てた服に対して「今日もお疲れさま、ありがとう。」みたいな感じで。

おお!これぞ女子力!

良く言えば不思議ちゃんですが、悪く言えばアレな人ですよね。

日本では古来から八百万の神々がいて全てのものに宿っているというアニミズムの思想があったわけですから、そう考えればそんな変でもないでしょう。

こんまりさん自身5年間巫女として働いていたみたいですし。

フラワーチルドレンやらヒッピーやらが流行ってたベトナム戦争のころから東洋思想がもてはやされたりしていたので、そういう部分もあってアメリカでもウケたんでしょう。

 

断捨離も元は仏教用語で、ミニマリストは色々人によって定義が違うような感じがするけど「ぼくたちにもうモノは必要ない」の著者の人がテレビでほとんどモノが無い部屋で飯食ってる姿とか在家信者っぽく見えたし、このへんのシーンやムーブメントは根底に宗教がありますね。

アニミズムが宗教なのかどうかはよく知りませんが。

 

個人的には女子力高くてかわいいこんまりさんに何の迷いもなく軍配が上がります。

断捨離とか在家信者みたいな感じで飯食ってるのはやっぱ修行みたいで楽しくなさそうじゃないですか。

絶対女子力上がらないですよ。

 

断捨離って、ねぇ。

字面も響きもアレでしょう。

 

断然、ときめきの魔法やろ。

 - アイドル, コラム, , 近藤麻理恵

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

stamp-114438_640
俺たちの西野カナはもう会いたくて震えない

  2014年の暮、私はいつものように紅白歌合戦を見ていた。 いつごろ …

psychedelic-929569_640
アップアップガールズ(仮)のライブで脳汁ブシャー!となった話

  ふなっしーは梨汁ブシャー。 フレッシュレモンこと市川美織はレモン汁 …

o0306040812775500424
エビ中安本彩花は周囲から絶賛されるピュアな性格!(1)

  私立恵比寿中学の出席番号5番、安本彩花さんはそのピュアな性格と ユ …

doubt-321144_640
大森靖子の旦那とあるアイドルの関係

  2014年7月。 青森で開かれているロックフェス「夏の魔物」におい …

IMG_0869
Tシャツはダサくてナンボ。バラエティクラブ~小池と遊ぼう~1回目に行った

  アイドルのイベントに行く前は毎回迷う。 小池さんなら基本は行きたい …

katana-197804_640
我が師藤岡弘、隊長の魅力。一杯のコーヒーにも溢れる感謝

  私は藤岡弘、隊長を自分の師匠だと思っている。 各種武道を修め、古典 …

o0480064013157404360
れんれん(根岸可蓮)たこ虹緑は私服が独特なお嬢様?本名などまとめ

  たこやきレインボーの緑担当で愛嬌たっぷりのれんれんについてまとめま …

o0480064012704702425
元たこやきレインボー赤、奈良崎とわちゃん!脱退理由や本名は?

  たこやきレインボーのセンターとして、将来を期待されていた奈良崎とわ …

o0480064013013996978
たこ虹紫の堀くるみのプロフィール!歌が上手いくーちゃんについて!

  たこやきレインボーのリーダーで紫担当、堀くるみさんについてまとめて …

bible-190537_640
神聖かまってちゃんみさこ、バンドじゃないもん!でも活躍中

  神聖かまってちゃんといえば、フロントマン”の子&#82 …